2011年12月18日

坂の上の雲 第三部 第12回 あらすじ「敵艦見ゆ」

坂の上の雲 第三部 第12回 あらすじ!!
タイトル「敵艦見ゆ」

坂の上の雲 第3部

後顧の憂いを断った連合艦隊はバルチック艦隊との決戦に備える。
宮中で明治天皇(尾上菊之助)に拝謁した東郷(渡哲也)は、
バルチック艦隊との戦いに勝利すると断言する。


陸軍は、クロパトキン率いるロシア陸軍との一大決戦に挑む。
激闘が続くなか、好古(阿部寛)は鉄道破壊の命を受け、
騎兵団3千を率いて奉天北方に向かう。
ロシア側はこれを大量の騎兵団が北進してきたと誤認。
クロパトキンは急いで全軍を奉天から退却させる。


佐世保を出港した連合艦隊は、バルチック艦隊が
日本海と太平洋のどちらを通るのかという課題に直面する。
シンガポール沖に達したバルチック艦隊が
ウラジオストクまで向かう航路は、対馬海峡を通る日本海コースと、
太平洋側を回るコースの二通り。


迎撃する艦隊を1セットしか持たない日本は、
どちらかで待ち伏せするしかない。


真之(本木雅弘)は、対馬海峡を通ると想定して哨戒計画を立案するが、
バルチック艦隊はなかなか対馬に現れない。


業を煮やした真之は、ついに艦隊の移動を東郷に進言する。
しかし、「敵は対馬に来る」という東郷のひと言で移動は延期される。

坂の上の雲 第3部 DVD-BOX
坂の上の雲 第3部 DVD-BOX司馬遼太郎

ポニーキャニオン 2012-03-21
売り上げランキング : 1030

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

関連商品
NHK スペシャルドラマ 坂の上の雲 第2部 DVD-BOX
NHKスペシャルドラマ 坂の上の雲 第1部 DVD BOX
NHKスペシャルドラマ・ガイド 坂の上の雲 第3部 (教養・文化シリーズ)
NHKスペシャルドラマ『坂の上の雲』オリジナル・サウンドトラック3
塚原卜伝 DVD-BOX

posted by ドラマ子 at 08:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 坂の上の雲 第三部 あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
宿泊施設なら:日本最大級の楽天トラベル

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。