2011年12月23日

坂の上の雲 第三部 第13回 最終回あらすじ「日本海開戦」

坂の上の雲 第三部 第13回 最終回あらすじ!!
タイトル「日本海開戦」


1905(明治38)年5月27日、巨大な艦影が1艦また1艦と三笠の前に姿を現し、
いよいよ連合艦隊とバルチック艦隊の戦闘が始まった。


連合艦隊は世界の海軍戦術の常識を打ち破る異様な陣形をとる。
真之(本木雅弘)が水軍の戦術案からつむぎ出した、
艦隊を敵前でターンさせるという捨て身の戦法だ。


東郷(渡哲也)は「まず敵の将船を破る」という真之の戦術原則のとおりに艦隊を運用。
三笠の砲弾が目標である敵の旗艦「スワロフ」の艦橋に命中した。


2日間にわたる七段構えの攻撃を受けたロシア艦隊は、
主力艦をことごとく撃沈、自沈、捕獲され、ついに白旗を掲げて降伏。


連合艦隊は、奇跡といわれた歴史的勝利を収める。


そのころ、満州の最前線にいた好古(阿部寛)のもとに
母・貞(竹下景子)の死を伝える電報が届く。
帰国した真之は、この戦争で敵味方ともに数多くの犠牲者を出したことに耐えられず、
その苦しい胸中を妻・季子(石原さとみ)に打ち明ける。


9月5日、ポーツマスで日露講和条約が調印された。
しかし、日本はロシアから賠償金を得ることはできなかった。
国内では新聞が「弱腰の講和」と政府を批判し、
不満をもつ民衆が日比谷焼き打ち事件を起こした。

posted by ドラマ子 at 22:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 坂の上の雲 第三部 あらすじ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
宿泊施設なら:日本最大級の楽天トラベル

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。